11月 26

今月の楽待コラムには沢孝史先生のお話が3本あります。

ファンの皆様、読者の皆様、こんにちは!

驚いた事に、今月の楽待コラムには沢孝史先生について書かれたコラムが3本あります!

これって凄い影響力だと思います。こんな出来事は過去にないのでは?

私以外に、2名のコラムニストの方が書いております!

 

楽待コラム:

・黒木陽斗

第79回 実践!不動産投資本を執筆してわかった裏事情!

・アパマンの匠様

第9回目 最強のメンター沢孝史先生との出会い。【前編】

・静岡大家様

メンターの重要性と見つけ方

 

11月 25

楽待で私の最新コラム「不動産価格は必ず上下する!」がアップされました!

読者の皆様こんにちは!

お待たせしました!楽待で私の最新コラムがアップされました。

今回は不動産価格の上昇と下降について書いております。

いつも沢山の応援ありがとうございます。

よろしれば今回も「シェア」いただければ幸せです!

また楽待サイトでの「いいね」の支援もよろしくお願いいたします。

 

私の最新楽待コラムはコチラをクリック↓

第80回 不動産価格は必ず上下する!

http://www.rakumachi.jp/news/archives/35548

11月 22

ホームページ連携コラム:海外で¥の信用

読者の皆様、黒木です。こんにちは!

今回は通貨、つまりお金についてお話しします。

以前、外資系企業にいた頃は月に何度も海外出張に行っていました。

その頃感じたことの一つに円(Yen)の絶大な信用力がありました。

 

北米、欧州、アジア圏とあちこち飛び回りましたが、円(Yen)はどこでも現地通貨に換金できます。

お財布の中に円(Yen)が入っていれば安心です。主要な国ならどこでも換金してくれます。

こういう通貨って今は米ドルユーロくらいではないでしょうか?

実はこれってスゴイことなのです。

JPY2

 

アジア圏では現地通貨より円やドル支払の方が喜ばれる場合さえあります。

逆に現地通貨に換金してしまうとエアポート以外では日本円やドルに換金するのが難しくなる場合もあります。

 

私は北米、欧州、アジアンパシフィック圏の仕事がメインでしたので出張先もほぼこのエリアでした。

チップの関係があるのでドルとユーロには換金しますが、基本的に円(Yen)が

お財布の中にあればどこでも現地通貨に換金してくれるので安心です。

短期出張の時はドル、ユーロにさえ私は換金しません。円とクレジットカードがあればほとんど事足ります。

 

私がまだ駆け出しの頃、アジア圏で現地通貨に換金したお金が帰国後、円に戻せず、同僚に換金してもらったことがありました(泣)。

以後、その国に出張に行く際にはクレジットカードと万が一のために日本円だけお財布に入れて飛行機に乗りこむようになりました。

 

通貨の信用は私にとってありがたいものだと感じます。

自国の通貨が海外でいつでも換金してもらえることのほうが実は希少なことなのです。

これからの季節、海外に行く方も多いとおもいますので、この実感を皆さんに感じていただけると思います。

それでは、またお会いしましょう!

 

黒木 陽斗

11月 21

試験運用を兼ねた英会話(その2)!

皆さんこんにちは! 前回に続いてお酒のお話です。

英語でアルコールと言っても通じません、 発音は「あるくほーる」です。 依存症は「あるくほーりっく」になります。

11月 21

配信テストを兼ねたブログ

配信テストを兼ねた「英単語」のおはなし:

日本では寄付という言葉よりボランティアのほうが使う回数が多い単語のような気がしています。

しかし、寄付という言葉は米国ではよく使う言葉の一つです。

寄付は英語でdonation といいます。ボランティアとはニュアンスが違うので覚えておきましょう。

 

10月 29

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

error: Content is protected !!