«

»

10月 26

【シン コラム】伝わる英語、伝わらない英語

黒木です。こんにちは!

 

先日、知人のお子さんが交換留学で

米国の小学校と家庭にシートステイしてきました。

 

現在小学校高学年の彼は、日本生まれの日本育ち。

学校以外で英語は勉強していません。

 

ここから先はその子のホームステイ先でのお話です。

 

さて、

米国の食事は日本に比べてボリュームがあります。

ご家庭で出された食事の量が彼には多すぎました。

 

 

「お腹が一杯なので残していい?」

 

あなたは、英語で相手の気持ちに配慮して

この意思を伝える事ができるでしょうか?

 

 

hb02

 

 

彼が選んだ言葉は、

 

「I ‘m sorry, no finish okay?」

 

十分伝わります!

 

私がこの話を聞いたとき、

自分が知っている単語の中から伝わる言葉を短時間で

組上げた彼のセンスに感動しました。

 

SNSやブログで相手にまったく伝わらない英文を書いているケースをよく見かけますが、

読み手に伝わらなければ目的を果たす事ができません。

 

 

なぜこういうことが起きるかというと

英文を考える際に日本語で考えてから英語にしているからです。

 

一方、小学生の彼は

英語で考えて単語をチョイスしたのです。

 

だから短いセンテンスでも相手に気持ちが伝わるのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お知らせ!】

Forbes JAPANの私の連載記事は

  コチラをクリックしてご一読ください』

↓  ↓  ↓

第一回目:

家業?副業?事業? あなたが選ぶべき不動産投資スタイル[不動産で資産運用 第1回]

http://goo.gl/ZCjZhG 

第ニ回目:

不動産市場の「資産リッチ」と「キャッシュリッチ」とは[不動産で資産運用 第2回]

http://goo.gl/NNFRdW

第三回目:

サラリーマンがゼロから資産家に成り上がるルールとは?[不動産で資産運用 第3回]

http://goo.gl/ItUlfp

第四回目(最新!)

生涯収入を死に金に変えるマイホームという悪夢[不動産で資産運用 第4回

http://goo.gl/YsBA2j 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
黒木陽斗公式ホームページ:http://kurokiharuto.jp/
Twitter:https://twitter.com/Haruto_Kuroki
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

取材、セミナー、執筆のご依頼、ご相談先:http://goo.gl/MRgCD2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※本コラムは著作権法で保護されている著作物であり、
本テキストの著作権はすべて 黒木陽斗 に属します。
著作権者の事前許可を得ずに、本テキストの一部または全部を、
あらゆるデータ蓄積手段(印刷物、ビデオ、レコーダー及び電子メディア、
インターネット等)により複製および転載することを禁じます。
Copyright(C)2015-2016 黒木陽斗 All Rights Reserved.

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。